ランブットの使い方について

使い方、使い心地はどうか

ランブットの使い方といってもさほどむずかしいものではありません。

 

 

購入したときに写真のようなカップがついてきます。
これにたっぷり入れて頭に塗りつけます。

 

使い方、使い心地はどうか

 

 

タイミングは、洗髪後です。
洗髪した跡に、そのまま髪に塗りつけます。

 

個人的にはもともと髪の毛も薄いので、そんなに塗る必要はないんじゃないかな、と思ってしまいますけど、説明書の方にはそれだけ必要だと書かれていました。
貧乏性なので、これの半分くらいでも充分なので、たまにこれの半分でやったりもしています。

 

当然公衆的なところでは避けたほうがよいでしょう。
下手をすれば髪の毛を染めていると思われてしまいます。
また、盗まれたりしたらたまりません。

 

参考までにホームページの説明を貼り付けておきます。
使い方、使い心地はどうか

 

 

私が失敗したのは、つけて15分間ずっとマッサージしていなければいけないと思って、ランブットを付けた跡ずっと15分間マッサージをし続けたことです。

 

正解としては、最初の2,3分でよかったみたいなのですが、そうやってマッサージをし続けたことによって、なんだか頭皮がヒリヒリしてしまいました。
おそらく結構はよくはなったとおもうのですが、もみすぎたというか、練り込ませすぎたのか、あまり良くなかったのだと思います。
ランブットとかノニというのは、頭皮に対してはヒリヒリするものだな、という印象をもってしまいました。
あとは手がつかれましたね。

 

あとから説明書とかサイトを見て知ったのですが、最初の2,3分のみで結構です。
ずっともみすぎるとよくありません。これは身をもって経験しましたので断言できます。

 

 

普通に使った時は、爽快感があります。
サクセスとかあんな感じでスーッとするわけではないのですが、なんとなくスッキリした感じはします。
いろんなシャンプーとか育毛剤をやってきたのですが、ランブットの場合は、これはこれで独特でした。

 

 

まとめ

やせ細った髪の毛に栄養を与えているということから、なんだか野菜に肥料を与えている印象を受けました。農業のような感じですね。
これはこれで栄養として与えているので、続ける必要があります。

 

ただし、毎日やる必要はないので、このへんはラクです。
曜日を決めて習慣づけできればあとはそれを繰り返すだけとなります。